「ガルルカップ九州第1戦in御所オートランド」終了しました!

2013年3月17日(日)、御所オートランドにて、「ガルルカップ九州第1戦」が行われました。

週間予報は雨→曇りのち雨→曇りのち少雨に日々変化していきます。
しかし当日になってみると、朝から晴れて少し肌寒い程度。
これはいけそうです。

さて、レースはエントリー数こそ少なかったものの、
いざリストを見てみると御所慣れしたツワモノばかり・・・
これは誰が優勝しても、おかしくはありません。
早くも『表彰台争い』という名の過酷なレースの予感がします。

ガルル御所2013

急遽「スターティングマシンを使ってみたい!」という選手の要望により、
○年放置していたスターティングマシンを使用することになりました。
前日から何度も手を入れ、試験してみて、確実に動くものだけをチョイス。
それでも当日のスターティングマシンちゃんのご機嫌は分かりません。
選手の方々にもご了承頂いて、
自ら好きなグリッドを選んでスタートする「運試し」スタートとなりました。

ガルル御所2013

地元の山都町の高校生たちが見守る中、三時間のレースがスタート。

ガルル御所2013

ところがスターティングマシンに1台ハズレがあったらしく、一台出遅れてしまいます。

ガルル御所2013

しかしすぐに追いついて、ほっと胸を撫で下ろすスタッフ一同・・・



さてさて、今回は小規模な丸太セクションが2ヶ所あります。
ひとつは計時前(減速のため)。
ふたつ目はパドックから丸見えになるように草が刈られた
モトクロスコース中央の「離れ島」部分です。
ちょっと遠目ではありますが、パドック側からバッチリ見えます。
きっちり乗り越えて華麗に走り去る選手、
うまくスラロームして丸太を回避する選手、
ひとつずつ地道に攻略していく選手、
そして、真っ向から挑んで見事玉砕する選手(とマーシャル達)。。。

ガルル御所2013ガルル御所2013

それから、時間が経つにつれ険しくなってきたのが
スタートからモトクロスコースの第一コーナーを手前に折り返した付近。
土がフカフカしているそうで、1時間超えた辺りから転倒車両続出。
こちらも応援している人たちからガッツリ見える地点でした。

エンデューロはコースに出て行かないと観戦できないセクションが多いのですが、
今回は見える位置にも美味しい見所が作ってあり、
観戦者の歓声やどよめきが聞こえてきました。


レース終盤に差し掛かって空模様が怪しくなり、表彰式では少し小雨が。
賞品として地元山都町産の美味しいお米やトロフィーの授与があり、
また恒例のじゃんけん大会も行われて、春の一日を終えました.

ガルル御所2013